アシスタント

アシスタント

石村

入社3年目 20代

フランクすぎる面接が
入社の決め手

入社の決め手となった面接

Q. セブンセンスに入社を決めた理由はなんですか。

大学で会計について学んでいたため会計事務所で働くことに興味を持ちました。併せて、英語の能力を向上させたいと考えており、英語を使用する機会があるところを探していました。
セブンセンス東京赤坂オフィスは外国人のクライアントも多く、外国人スタッフも働いているので生きた英語に触れる機会が豊富です。スキルを活かせる会計業務で顧客のお役に立ちつつ、英語を学ぶ機会にもなるという点が入社の決め手でした。
ですが、最終的にここで働きたいと思ったきっかけは面接だったのかもしれません。「自己PRをお願いします」「志望動機は?」とお固い雰囲気で聞かれるのかと想定していたのですが、終始フランクな雰囲気で「面接でこんなに笑うことってあるんだ」と感じたのを覚えています。自然に、ここで働きたい、この人たちと働けたらいいなと思えました。

未経験でも色々なことにチャレンジさせてもらえます

Q.現在の職務内容と実際に働いてみて感じた魅力を教えてください。

まだ学生だった去年の8月からアルバイトとして週2日ほどのペースで働いていました。
現在はアシスタントとして、飲食業や不動産業、外国人のクライアントなど、幅広い業種の案件に携わらせていただいており、主に月次資料の入力や申告書の作成をしています。
入社以来現在もコロナ禍にあるので、コロナウイルスに関する給付金の申請の補助もしています。

実際に働いてみて感じたセブンセンスの魅力は、働きやすいことと挑戦する機会をいただけることです。
分からないことがあればその度に先輩方が丁寧に分かりやすく教えてくださいますし、困っていることがないかなど定期的に気に掛けてくださるのでとても働きやすいと感じています。
4、5カ国の外国の方も働いていますが、ギスギスすることもなく非常に良い雰囲気です。業務時間終了後に英語を教えてもらったりもしています。
また、受け入れてもらえる雰囲気があるので、できないことにも積極的にチャレンジしようと思えますし、その積極性を発揮できる挑戦の機会も与えていただいているなと感じます。
未経験でもすぐに実務に携わらせてもらえるので、多くの知識を身に付けることができます。大学時代の友人と話してみると、実際の業務に携われているのは自分が一番早いですね。

今後に関しては、より会計の知識と共に英語力を高め、外資のクライアントにもっと役立てるようになりたいです。

ともに成長できるポジティブな人と一緒に働きたい

Q.これから共に働く方へのメッセージをお願いします。

セブンセンスは、働きやすい職場であると共に、早くから挑戦の機会も得られます。学びと成長を求める方にはベストな環境の会計事務所であると自負しています。
ぜひ、共にお客様のことを考え、共に成長できるポジティブな方と働ければと思います。

TOP
TOP