アシスタント

アシスタント

青木

入社1年目20代

どんなときも相談できる
コンサルタントを目指して

業務の幅の広さとグローバルなビジネス支援が魅力

Q.セブンセンスに入社を決めた理由はなんですか

就活では他業界も見ていましたが、会計事務所が一番魅力的でした。きちんと力を身に付けられ、その力によってきちんと評価してもらえる仕事だと感じたからです。税理士資格など、一つひとつ身に付けた資格やスキルをお客様へのサービスに反映できます。
中でもセブンセンスグループは規模が大きい分だけ業務の幅が広く、チャレンジできそうな社風だと感じました。また、グローバルなビジネスの支援もしていて、大学時代に留学経験もあったので、英語を生かせそうな仕事であることも応募の決め手でした。
もしも入社後に、その印象とのギャップを感じたら怖いなとも思ったのですが(笑)、まったくなかったですね。

チャレンジ意欲に背中を押してくれる

Q.現在の職務内容と実際に働いてみて感じた魅力を教えてください。

今はマネージャーや税理士のアシスタントとして、決算や申告のために必要な情報の入力作業などを行っています。大学で簿記を学んでいましたが、やはり実際の仕事とは違っていて戸惑うこともありますね。例えば、仕訳には悩まなくても、税務や法律の知識は乏しかったりします。そのときは、周りの人に聞けばすぐに答えてくれますし、自分でも調べるようにしています。
こうしたアシスタント業務の他に、私は社内の「若者円卓会議」などにも参加しています。入社2カ月目に上司に「興味があります」と話したら、すぐに「やってみなよ」と背中を押してくれました。若者円卓会議は離れた拠点の方ともコミュニケーションをとりながら、組織改善に取り組むなど、楽しみながら参加しています。

幅広く対応できるコンサルタントを目指す

Q.これからセブンセンスでやっていきたいことを教えてください。

お客様から、どんなときでも「相談したい」と思われるコンサルタントになりたいです。
そのために、短期的には今の業務クオリティを向上させ、長期的には税理士や、その手前としてファイナンシャルプランナーの資格取得などを目指します。
金融系の仕事に就いた友人は多く、税金など金融・経営の話題になることがあります。その際、友人が知らない知識を私が知っている場合もあり、少しは成長できたような気がしています。ですが、まだ一人前ではないですし、今後はもっと知識をつけて業務をこなせるようにしていきたいです。
また、グループとしては若者円卓会議などを通して、新人や若手が育つ土台を作っていきたいですね。

成長できる環境がある

Q.これから共に働く方へのメッセージをお願いします。

セブンセンスグループは業務の幅が広く、上司や社員には、ストイックに成長を目指し、自分の知らないことを知っている方がたくさんいます。コンサルタントとして成長できる環境があることは大きな強み。こうしたものを求めている方はぜひ応募を考えてみてほしいです。

TOP
TOP